8月15日名古屋 地球暦イベントに映像出展

地球暦

 

8月15日 名古屋 【 feel art helios #5 】− 誕生 birthに参加

人生何が起きるかわかりませんね~。

今回のイベント、突然降って湧いたように参加が決まりました。

太陽系時空間地図 地球暦という、とてつもなく素晴らしい
アートワーク活動されている杉山開知さんのイベント
“feel art helios #5 in Nagoya 太陽系時空間地図 地球暦『 誕生 birth 』”
にアニマンダラの天海ヒロとして映像参加しました~。

アニマンダラの研究者兼、映像作家としての両面で関わるのですが
そもそもこの展開になったのは、先月7月20日のAnimandalaイベント
『生命大躍進』ワークショップに開知さんが参加されたのがきっかけ。

そこで意気投合し、コラボ映像で参加することに。
なんでも今回の企画、”誕生”がテーマのため進化の反復が趣旨と重なるとのこと。
打ち合わせではいろいろと濃い話がも飛び出し楽しいのですが
とはいえ時間がない~!! 7月26日には関西でレクチャーもあるし!
といった怒涛の状況。

そんな状況で引き受けましたが、そんな状況だからこそ?
幸いなことに映像のイメージが降りてきました。

内なるキーワードは、”チキュウ・シキュウ・シンカ”

地球(太陽系)、生命系統樹、進化、胎盤、誕生、生命進化の反復
これらを一つの映像にするコンセプト。

映像タイトルは『生命誕生』 
地球、胎盤を連想させる、円形で映像を作ります。

ERTHBIRTH

 

初日の15日、丁度その日、私は琵琶湖の竹生島の
神事参加が決まっていたのですが、その帰りにそのまま名古屋会場へ。

開知さんと幾何学マスター小野満麿氏の対談開始直前に到着!

着替えるタイミングなく、 正装(白いネクタイ外したので、法事帰りみたいな姿)のまま乱入^^;

いつもと違う姿に、知人がすぐに気づいてくれない(笑)

ERTHBIRTH_11

二人の対談が始まってまもなく、観客席にいる私に声がかかり、ご挨拶。
アニマンダラや映像の説明をさせていただくことに。

『生命誕生』は、生命系統樹で表現される、億年単位の進化が
妊娠-出産で反復されるということをシンプルなアニメーションにしたもの。

古代カンブリアの地球から始まり、そこから生命の系統樹が成長。
それが精子に集約されて、胎盤へと変化し、胎児の成長を通して
進化が反復していく様子を表現しました。

ERTHBIRTH_12

ERTHBIRTH_04

ERTHBIRTH_03   ERTHBIRTH_09

面白かったのは、その映像を床に直接投影したこと。視聴者が映像に寝転がり、子宮に回帰しました。

ERTHBIRTH_06

ERTHBIRTH_07

ERTHBIRTH_08

また、翌日の16日は
八年に一度、金星=ビーナスと、地球が軌道上で重なり結びとなる日。

金星-地球の会合ポイントをつなぐと、黄金比の五芒星が現れます。

黄金比は生命の中で反復される幾何学でもあります。

今回のイベントは、宇宙と生命が一つに重なり合うことを表現して企画されたものですが
こうしたイベントでアニマンダラを表現でき、充実した時間を過ごすことが出来ました。

杉山開知さんやイベントディレクター 正木なおさん、
ステージ制作を中心的に行われた河村和紀さん、
縁を繋いでくれた小野氏に感謝であります。

会場となったフィールアートゼロの雰囲気もとても素敵でした~。

開催概要

会期:2015年8月15日(土)- 23日(日)

会場:ギャラリーフィールアートゼロ / 名古屋市東区葵2-3-4 三光ビル1F

詳しいイベント内容はこちら