奥行き読書会 – 知者への扉 –

カルロス・カスタネダ 呪術師『ドン・ファン』シリーズ
ZOOM奥行き読書会 第二回 -知者への扉- ”見ること”

【会場】  オンライン・ZOOM会議室

【日時】  2021年10月30日(土)15:30 – 19:00

【参加費】 2,500円 

 

●『ドン・ファン』シリーズオンライン読書会

アニマンダラ / ヌース / 認知心理学現代知で読み解く呪術師・ 知者の世界

 

アニマンダラ・オンライン・イベント第一弾。
オンラインで何から始めようと検討し
第一弾は以前から考えていた、
カルロス・カスタネダ
『呪術師ドン・ファン』シリーズの読書会をやってみることにしました!

カルロスカスタネダ『ドン・ファンの教え』   

本シリーズは、アニマンダラで度々引用してきた書籍です。

メキシコ・ソノラの先住民である、謎に満ちた人物ドン・ファンと出会い取材するうちに彼の弟子となった人類学者・カスタネダの、虚実入り混じる知の物語。

 

アニマンダラ参加者の中には、引用がきっかけで読まれた方もいて

  • 面白い❗️やばい❗️だけど難しかった。
  • よくわからんけどザワザワした
  • すごく刺激的でインスピレーションが沸いた
  • 最初はピンと来なかったけど、後からジワジワ響いてきた

と様々な反応を頂いたことがあります。

これまでは、アニマンダラを補完する資料として、そこに登場するトルテックと呼ばれる呪術体系の概念を部分的に紹介しましたが、今回は、逆に皆さんと書籍の読み合わせをしながら『ドン・ファン』の方をメインに、アニマンダラやヌーソロジー、認知心理学等の視点で切り込み、補完しながら読み解いてみようと思います

ドン・ファンについて学びながら、アニマンダラやヌースについても深められるイベントにしたいと思います。

 

●今だからこそお勧めの『ドン・ファン』シリーズ

所謂コロナ禍以降、私達の多くが世界の変化を肌で感じているのではないでしょうか。

古い世界に亀裂が入り、新たな世界へと移行が始まる・・・。

今は、新たな夜明けを前に昼と夜、生と死、虚と実、二つの次元が混ざり合う黄昏時と表現してもいいかもしれません。

それは、魚が水中から陸へと、生きる空間を変換させていく「水際の時代」でもあります。

 

本書は、

” 世界を知覚する隠された認知様式の発見と、
 知覚を拡大する知者への道 ” 

を主題としています。

変化に揺れる今こそ、多くの方に読んでほしいシリーズです。

 

このシリーズは発表当時、アメリカを中心に、世界のアーティストやインテリ層でブームとなり、物議を醸したので、若い頃に読んだという方もいるでしょう。

しかし当時は、薬用植物が本書の導入的役割をした為、ドラッグカルチャーと安易に結び付けられ、哲学的難解さからも、その本質が十分理解されなかったようです。

むしろ時代の後押しもある今だからこそ、その核心を読み解き再評価できるのではないかと感じています。

 

ご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ。

 

●対象書籍について

本読書会では、カルロス・カスタネダ著 ドン・ファンシリーズ 新装・新訳全四巻を、一回につき一冊、取り上る予定です。

第2回 2021年10月30日(土) 2. 分離したリアリティー 

参加される場合、対象書籍のご一読をお勧めいたしますが、未読での参加も可。レビューとして聴いて頂いて、あとから読んでもらってもよいです。

 

●各巻概要
※画像をクリックするとamazonのページが表示されます。
➊ドン・ファンの教え(新装版)

カルロスカスタネダ『ドン・ファンの教え』ドン・ファンとカスタネダの出会いと、薬用植物が導くもう一つの現実。
1巻のみ二部構成。
第二部は、カスタネダがドンファンとの経験を、その時点の理解でアカデミー用のレポートとしてまとめた番外編。後にカスタネダも語っていますが、呪術の本質を理解しないまま、客観視点で概念として整理しものなので、当勉強会では紹介程度にとどめます。

➋分離したリアリティー(新装版)
分離したリアリティ知者の第一の敵に敗れ、呪術修行を断念したカスタネダ。再びドン・ファンの前に現れ、本格的な呪術修行が始まる。

“眺めること”と”見ること”➡幅知覚と奥行き知覚や
ドン・ファンシリーズの重要概念、”管理された愚かさ”が登場。
自我の囚われからだ出する第一歩であり、言語空間の扉が開く概念でもあります。

➌イクストランへの旅(新装版)
イクストランの旅二巻から続き、呪術の重要概念がさらに紐解かれる。
“履歴を消す””戦士が最後に立つ場所””しないこと”そして”世界止めること”へ!
➍力の話(新装版)
力の話知者の世界のルールと体系がついに語られる。新翻訳版。

①、②では幻覚植物による知覚の変容を中心に、二つの現実が展開していきます。
③、④では、幻覚植物を使ったのは、カスタネダが柔軟性を持たず知覚が強く固定していた為で、本当は幻覚植物は必要ないこと、そして大事なのは知者への道に目醒める明晰性にあることが明らかにされていきます。

※旧版との違いは、④のみ新訳となっていますが、内容は同じです。

●こんな人にお勧めのイベントです

  • ドン・ファンシリーズが気になってたけど未読の方
  • ドン・ファンシリーズを昔読んだけれど、難しかったり、忘れてしまった方
  • 無意識・潜在意識の理解を深めたい方
  • ヌーソロジーに関心がある方(奥行き、純粋持続、負時間、変換人、元止揚、ヒト)
  • アニマンダラに関心がある方(環世界、負け組進化、種我同型論、シャーマニズム)
  •  漫画・海獣の子供で “語られた ” 祭り ” の世界に触れたい方
  •  閉塞した世界観の外部に想いを馳せる方

 一つでも気になる方は参加を歓迎。当日未読での参加も可能です。

●お申し込み・お問い合わせ

    ●基本情報

    【お名前】(必須)

    【フリガナ】(必須)

    【メールアドレス】(必須)

    【電話番号】(必須)

     

    【お申し込み・お問い合わせ】(必須)

     

    ※第一回の録画視聴を新規で希望する方はチェックをお願いします。参加費+2500円(計5,000円)で視聴可能です。
    ※第一回を開催時にお申し込みされた方はチェックは必要ありません。視聴期間を延長しましたので、
    復習視聴可能です。

     

    【ドン・ファンシリーズ読書経験】(必須)

     

    【お問い合わせ等】 (任意)
    ※もしも、特に取り上げてほしい内容等があった場合、そちらもお書きくださいませ。
    例えば--特に解読してほしいシーンや言葉、ヌーソロジーやアニマンダラ、認知心理学や
    その他の神秘学の概念との関係などなど。お気軽にコメントください。

    【興味があるものにチェックしてください】 (任意)

     

     

    お申し込みの方は、返信メール指定の口座に、
    お申し込み後、1週間以内に、参加費用をお振込みください。
    入金確認を持って正式なお申し込みとさせていただきます。
    1週間を過ぎた場合、キャンセルとさせていただきます。
    ご事情等ある場合はお気軽にご相談ください。

     

    ※お申し込み後、一日経過しても、自動返信が届かなかった場合は、
    大変お手数ですが、こちらのメールアドレスに、ご一報くださいませ。
    info@animandala.com