10月27・28日大阪Wイベント開催決定

生命とAI申し込みHD

サイドバナーM_HPAC     大阪生命とAI

 ▲△▲上のサムネールクリックで、それぞれの詳細解説ページに飛びます▲△▲

【日程】
10月27日 (土) アニマンダラ × セルマンダラ
10月28日 (日) 生命とAI
【時間】 13:30開場  / 13:45開演  / 16:30終了予定
【参加費】 両日7,000円  /  各日4,500円(要予約)当日5,000円  
【開催場所】 大阪府立 江之子島文化芸術創造センター ルーム8
         ▶会場詳細
【共同主催】 観音企画&㈱ 高千穂創研 後援・関西ヌーソロジー研究会

▼以下へ直接ご連絡いただいても構いません。
kannonkikaku2013@gmail.com ( 観音企画・景山薫 )
Tel 090-5043-0009

 

●10月27日(土)/28日(日)  大阪ダブルイベント決定!

 

ウイルス・細菌・微生物・動植物。全生命史から人間。

そしてAI・更に ” べつのもの ” の到来へ。

命とアナタのひとつづきの道を辿る2日間!!

 

系統樹1

 

申し込みボタン720p

 

❶ 10月27日(土) アニマンダラ × セルマンダラ2018 in OSAKA

 
topimg3  

 
生命を知ることは、人間を知り、ワタシを知ること。

ワタシを知ることは、人間を知り、生命を知ること。

ワタシは ニンゲンであり、イノチである。

 

アニマンダラは、Animal(動物)+ Mandala  

もしくは  Anima(生命力・霊)+ Mandala の造語。

そして、セルマンダラは Cell(細胞)+ Mandala 。

 

セルマンダラは、アニマンダラのコンセプトを、さらに見えない生命体の世界、

バクテリアや菌、ウイルス、細胞や遺伝子の領域に掘り下げたものになります。

 

27日のイベントは、この2つのカップリングイベントになります。
 

 

■ アニマンダラって何?

 
生命や進化というと、私たちの生活に直接関係なく
 

壮大な知的ロマンのようなもの、と思う人が多いかもしれません。

 

でも今日、生物学や認知科学のほか、様々な分野で研究が進み、

日々の無意識の行動原理や、心の動き、文化活動や文明の発展や衰退まで

マクロからミクロの隅々まで、

生命の原理が波紋のように深く広がっていることが、わかってきています。

 

現代思想は、生命や自然に対し、人工・文明と分け、対立軸として考えがちでした。

 

環境破壊が進行する一方、テクノロジーの発展で

AIが人類を超え、管理するようになる、

そんな不安も広がっている今日では、それも無理はありません。

たしかに自然と人工的世界には違いや境界線はあります。

  

でも、忘れがちな事実!

人間も生命であり、自然の一部です。

人工世界もまた、自然と完全に分離したものではなく、

自然を無意識に模倣した、鏡写しのような、つながりがあります。

  

 S__3186693tree23

 
  
むしろ、人工と自然を分ける従来型の単純な感覚は、

自然と人間の本質的な関係と、課題を見失わせているのではないでしょうか? 

本源的なものを忘却することで、

人類は自ら進んでモノ化→機械化 へと向かっているのかもしれません。

ワタシたちが、様々な息苦しさや、先の見えない行き詰まりを感じているのも

私たちの中の “ 生命 ” が締め出されていっているからかも。

 

だからといって、単にテクノロジーや文明を否定した、

懐古的な自然主義を提唱したいのではありません。

 

自然と連続した人間観、文明観を見出した上で、

その基盤の上にテクノロジーを開発したり

自然との関わりや、文化や文明を見直す視点が大切だと思います。

 

生命・自然と人間・私を包括した世界観やリテラシーを思い出し、再誕すること。

 

アニマンダラは、

科学・哲学・神話体系にアート表現を重ねた

アナタとワタシ・生命‐地球をひとつづきに表現する

新しくもどこか懐かしい世界観です。

 

先端的な科学や哲学思想に加え、

伝統的な古い叡智や、哲学の背景に見え隠れする

カバラなど東西の神秘思想も考慮し、ゼロベースで再認識することで

新しい人間-自然観を描き出す、参加型の、知のアートワークです。

 

理論と感性、左脳と右脳、様々な陰陽の対象性を

水平進化と垂直進化という生命視点の陰陽論(根源的な女性性と男性性)として、

オーガニックに繋ぎます。
 

 

■ 生物学 + 古代の自然哲学・トーテミズムによる新たな眼差し

 
ITM 

 
先住民たちの世界には、トーテムという概念があります。
 

トーテムは、人間だけでなく動植物、鉱物まで含む家系図でもあり

人間の由来を表すオベリスクです。

 

それは、個人と共同体、生命と自然をひとつなぎにし、

存在の秘密と記憶をワタシたちに伝える概念でした。

 

いわば、生命の本質に触れる古代の進化論。

地球とひとつづきの命と心の概念として語られているものです。

 

アニマンダラは、そんな感性豊かな 古代知性と現代知性をダイナミックにつなぎます。

 

 

■ イベントの特徴

 開場
  
 
 
本イベントは、2016年に神戸からスタートしたアニマンダラシリーズレクチャーと

 
関西未公開のセルマンダラレクチャーを、ひとつにぎゅーっと圧縮。
 
さらに2018年の ” 今 ” の視点を取り入れたものです。

 

アニマンダラに興味があるけれど、どこから手をつけていいのかわからない!

といった人には、うってつけの入門レクチャーになります。
 
 
また、関西未公開のセルマンダラとアニマンダラを統合し、さらに新しい視点も加えてお話しますので
  
これまでアニマンダラに触れてきた人にとっても、新たな気づきを得られるでしょう。
  
 
※セルマンダラについては、是非、こちらの セルマンダラ専用ページ をご覧ください。
   
 
 
全生命史と、ワタシたちのからだや心、生活とのダイナミックな繋がり。
 
文化や文明、思想の中にも見え隠れする、生命記憶を紐解く旅。
 
壮大な生命の物語を、言葉のタイムマシーンに乗って、巡ってみませんか?
 
 
 
今回は特に、今日起きている出来事(環境問題や災害、AIの登場など)にも焦点を当て、
   
アニマンダラの視点で観たとき、どのように映るのか、、そんなお話もさせて頂きます。
 
 

 

Time TABLE

 

申し込みボタン720p

■参考リンク

●アニマンダラ・シリーズレクチャー (全5回)内容

●セルマンダラ・シリーズレクチャー (全3回)内容

●セルマンダラシリーズ 第一回 ブログレポート

▽アニマンダラの負け組進化論(大阪) 鼎談抜粋動画

▽セルマンダラ オープニング動画

 
 

 

❷ 10月28日(日) アニマンダラ・アトリウム関西【生命とAI】in Osaka

 
東京で好評だったイベントの関西スペシャルバージョンです。
 

こちらの概要については、

アニマンダラアトリウム【生命とAI】 東京編イベントページ▼を是非御覧ください
 

生命とAI_1

  
 

AIとアニマンダラ、一見ギャップがあるように思えるかもしれません。

しかし、これらは連続したひとつの流れの現れ。水平進化と垂直進化の交差における

ひとつの局面がAIだと、アニマンダラでは考えています。

一方、AIの発展と並行して、その対極の存在として現れると考えられる、

 ” べつのもの ” についてお話しします。

 

大阪バージョンは、スペシャルゲストトークも追加された、特別バージョン。

 

 AIの行き着く先と、人間の未来について、ご関心のある方は是非お越しください…☆

 

申し込みボタン720p

 

● 関西バージョンならではのココがポイント!

 

① 前日「アニマンダラ × セルマンダラ 2018」連動イベント

 
前日のイベントと合わせてご参加いただくことで

ウイルス・菌・動物・人といった一連の流れから

これから到来する、AIと ” べつのもの ” の位置づけがイメージしやすくなります!

そのことで、AIの本質とワタシたちのこれからを、ひとつの流れとして掴みやすくなるでしょう。

 

ですが、個別の参加も可能なよう、独立して楽しめる内容にもなっています。

 

② スペシャールゲストトーク 川瀬統心氏 『クオリアとAI』
 

kawwase

 

関西ヌーソロジー研究会 代表、川瀬統心氏によるスペシャルトークがあります!

氏は新しい宇宙論であるヌーソロジー他、哲学や世界の神秘思想等を探求する内在研究家。

難しい概念を、わかりやすく楽しく解説される方で、ブログやレクチャーも好評です。

 

また、アニマンダラを、著書のラストで自説と重ねて取り上げてくださっています。

AIやトランスヒューマンといった分野についても造詣が深く、

独自の考察を以前から展開されています。

 

今回、関西版では、京都・大阪で定例で行われている、関西ヌーソロジー研究会で

テーマとして取り上げられた『クオリア』の視点から、AIについて語っていただきます。

 

クオリアは、感覚質と呼ばれる、脳科学の用語。

ワタシたちが対象を感じ取る時の、

” 質感 ” とは何か?についての研究分野です。

このクオリアは、生命と関わりも深く、大変興味深い内容です。

 

本編と合わせてお聞きいただくことで、より深い洞察が得られることでしょう。

 

Time TABLE

 

申し込みボタン720p

 

■参考リンク

●アニマンダラアトリウム 【生命とAI】イベント案内ページ

●アニマンダラアトリウム 【生命とAI】東京編 開催レポート

 

▼【生命とAI】告知動画 大阪編アレンジバージョン

 

メイン講師・天海ヒロ・プロフィール

申し込みボタン720p