Animandalaの世界

『種我同型論』+『負け組進化論』を基礎にしたアニマンダラの世界観とキーワード

●2つの基礎概念とキーワード

アニマンダラの構成図

▶2つの基礎概念

種我同型論
負け組進化論

▶2つのツール

アニマンダラ式生命系統樹『AnimandalaExplore』
ツインウロボロス・サーキット

▶キーワード

生命の失楽園・カンブリア
外骨格と内骨格
水平進化と垂直進化

▶その他

環世界(かんせかい、Umwelt)
【番外編 カンブリアンズD.N.A】

別名 カンブリアン数秘術

カバラ数秘術+Animandala

個人の自我パターンと、その成長プロセスを読み解くメソッドと言える占術。その占術の一つ、カバラ数秘術にAnimandalaを応用しました。カンブリア時代の動物は、私達の自我の最もプリミティブな反映、鋳型です。それに基づいて、数秘術の数の象意にカンブリア・アニマルを対応しています。カンブリアの動物のセレクトには、ネイティブアメリカンのパワーアニマル(トーテムアニマル)の視点も生かされています。また、リーディングにもAnimandalaの視点が生かされています。