2018年イベント一覧

○⇛終了イベント

●⇛予定イベント

 

●10月27日(土)/28日(日)  大阪ダブルイベント決定!

ウイルス・細菌・微生物から、動物、人間へと紡がれる生命の道の旅。

そしてAIと隠されたベツノモノの到来へ。

人類の由来と未来を巡る2日間 !!

 

■10月27日(土)  アニマンダラ×セルマンダラ2018 in OSAKA

  
2016年に神戸でシリーズレクチャースタートしたアニマンダラが、再び関西へ帰ってきます。

アニマンダラでは、生命系統樹のうち”動物”の進化と人のコロロの成長や、文明・文化の発展を

重ねて、インテリジェント・トーテミズム(IT)として展開してきました。

そして、さらにそれを深めて、動物から菌・ウイルスの深みへと入っていきました。

今回は、アニマンダラ(全五回)セルマンダラ(全三回)を一つに融合した特別イベントです。

新たにアニマンダラ・セルマンダラに興味を持った方でも

どこから手を付けていいかわからない、

という方にはうってつけの入門レクチャーです。

また、すでにシリーズレクチャーに参加された方にとっても

アニマンダラ・セルマンダラを圧縮して復習できるだけでなく

最新の視点と今後の展望をお伝えいたします。
   

 

■10月28日(日) アニマンダラ・アトリウム関西 【生命とAI】in Osaka

  
東京で好評だった、アニマンダラアトリウム 【生命とAI】の関西アレンジバージョンです。

内容の概要は、上記のリンク先をご覧ください。

AIとアニマンダラ、一見ギャップがあるように思えるかもしれませんが、

これらは連続したひとつの流れの現れ。水平進化と垂直進化の交差における

一つの局面がAIだと、アニマンダラでは考えています。

一方、AIの発展と並行して、その対極としての存在、ベツノモノについてお話したいと思います。

生命とAI本編に加え、『ワンネスは2つある』の著者 川瀬統心氏のスペシャルゲストトークがプラス。

その著書のラストで、川瀬氏は、アニマンダラを取り上げてくださっています。

またそれに加え、AIやトランスヒューマンに対する、独自の考察もされています。

 AIの行き着く先と、人間の未来について、関心のある方は是非お越しください。
  

 

◎ 両日お申し込みで特別割引となります。

両日チケット 7,000円
各日チケット 4,500円(要予約) 当日参加 5,000円
   

※詳細近日。今しばらくお待ちくださいませ。

会場:大阪府立 江之子島文化芸術センター ルーム8

千日前線・中央線『阿波座駅』下車、8番出口から西へ約150m

主催:  観音企画/㈱高千穂創研 後援 :  関西ヌーソロジー研究会

 

 

 

 

○5月26日  アニマンダラ・アトリウム2 【生命とAI】

昨今注目が集まる、AI。
人工生命やAIはアニマンダラのインテリジェント・トーテムにおいてはどういった位置づけとなるのか。

・水平進化の完成形としてのAIと人工生命
・似て非なるもの ウイルスと人工生命
・AIと人類はどう向き合うべきか?
・AIは生命の反映として、生命の本質を浮き彫りにする。
・命ある言葉を生み出すのモノと、命なき言葉に回収されるモノ。進化は二極化する!

詳細は専用ページを用意いたしましたので、そちらでご確認ください。

アニマンダラ・アトリウム2 【生命とAI】

 

○4月30日  【数秘術の観点から明らかにする時と存在の深み】

2018 – 年運11 数秘術の観点から明らかにする時と存在の深み

~ 数の本質が形作る無意識世界に気づく ~

 

【 急遽決定 】

GWに開催される2つのイベント参加で京都入りしますが
せっかく関西へお越しになるのなら、と声をかけて頂き
観音企画さんのご提案・主催でトークラウンジを行うことになりました。
(末尾関連イベントもご覧くだい。)

 

前日2日間のイベントにて、濃厚な内容が展開され、

知恵熱が出ている方もいらっしゃるかも?

ということで今回は、いつものアニマンダラ系ではなく、

少しカジュアルに楽しめる数秘をベースにしたラウンジトークです。

 

 詳細はコチラ。

京都ラウンジトーク

 

○11月3日~1月12日  アニマンダラ・アトリウム  Cell-Mandala

▶ 全五回シリーズ終了から9ヶ月、全三回の新しいシリーズがスタートします。
 その第一歩は、前シリーズで要望が多かった 『菌 』  と 『 細胞 』!

 

動物の世界が、人間の自我とフラクタルな関係があるように

菌や単細胞生物の世界にもフラクタルな相関性があります。

菌の世界は、アニマンダラ本編の表現で言えば、

カンブリアやエディアカラ以前の時代への参入でもあります。

詳細は、専用ページを用意しましたので、そちらでご確認ください。。

アニマンダラ・アトリウムCell-Mandala

 

2017年以前のイベント